カウンセリングってどんなイメージでしょう?

中越先生に出会ったのは友人からの紹介で、心理カウンセラーである中越先生の元に結婚にまつわる相談がたくさん来ているとの事から、暖栞の結婚相談システムを知りたいというお話があってのことでした。


お会いしてお話をお伺いするにつれ、心理カウンセラーというお仕事をされている先生のお話に、私自身どんどん興味が湧いてきました。
心理カウンセラーという職業は、なかなか日本では認知されておりませんが、海外の映画ではよく仕事や子育て、また離婚の際など多くの場面でカウンセラーに相談するシーンを見ますよね。
ナイナイアンサーというTV番組で心理カウンセラーである心屋さんの活躍も見ておりましたので、まずは私自身がカウンセリングを受けてみたいと思いお願いすることにしました。

初めて心理カウンセラーによるカウンセリングを受けて分かったこと。
個人情報もきちんと守ってくれるので、何でも話せました。
当たり前ですが、心理学なので占いとは違って、これからどうなるか等は答えてくれる訳ではありません。
いま自分が不安に思う事。いつも同じような感じで物事が上手くいかなかったり、自分に自信がない部分。親や兄弟姉妹など損得抜きな関係である他者に指摘される性格的な部分…など普段の生活の中での小さな「なんで?」の意味を、先生に質問される度に自分で答えを出していく。という不思議な体験をしました。
「なんで」そんな風に自分は考えるのか?すなわち自分自身を理解していくことが出来ました。

中越先生の心理カウンセリングを受けて、私自身が満足したからという理由だけでなく「婚活を頑張りたいけど頑張れない」という人や「交際という人間関係が上手くいかない」人のどこかに、今の自分では気づけない『何か』があると思います。
その『何か』を心理カウンセリングで見つけて頂きたいと中越先生に私どもからお願いして提携して頂きました。
暖栞の会員様でなくても大丈夫です。「はるしおりのHPで知りました。」とお伝えください。
2016年が貴方にとって素晴らしい一年になりますように。

はるしおり代表 正岡真紀

ごあいさつ

カウンセリングってどんなイメージでしょうか?
一人で抱えきれなくなった悩みをたくさん聴いてもらい、アドバイスをもらうというのが一般的なイメージのようです。
もちろん、お話しも聴きますし質問等にお答えすることもあります。
例えば
自分の気持ちより相手の気持ちばかり気になり前に進めない。
自分の欲しがるものは、いつも手に入らないと考えてしまう。
相手の人を信じられない。
自分なんかダメだと考えてしまう。
結婚したいのにどこかで避けている。等々
もしかしたら、生きてきた関わりの中で本人も気づいていないような自分が決めている思い込みや考え方の癖のようなものがあるかもしれません。それは聴いてもらっただけでは、同じような場面で繰り返すことが多いようです。
メンタルケア高知相談室のカウンセリングは、考え方の癖のようなものに気づく支援をしながら不要になったものを手放すお手伝いをしていきます。
そして、自分自身に向き合いながら心のケアを通して心地よく自分らしく楽に過ごす。
緩やかなしあわせがふわっと心に住み込んで来るような自然体な自分に出逢うことのお手伝いをしていきます。

カウンセラー中越先生の写真です
    中越 三月(なかごし やよい)
    2013年3月(株)メンタルサポート研究所グループの提携カウンセリングルームとなる「メンタルケア高知相談室」を開設。
    個人カウンセリング、企業提携“心の相談室”顧問カウンセラー
    施設団体の専属カウンセラーその他、・コミュニケーション研修や心についての講座、こころのアートワーク教室主催
    2016年南はりまや町より南元町に移転。それに伴い「こころのサポートセンター・ガイア」に名称変更。
メンタルケア高知の店内写真です

こころのサポートセンター・ガイア
〒780-0942高知市南元町3-15(旭町ソーレ北東向かい)
TEL&FAX :088-856-7263 / cell-phone:090-2897-5725
MAIL: mentalkouchi@ybb.ne.jp
※料金について※
初回面談・カウンセリング  90分 8,000円
はるしおり会員       90分 7,000円